日本語 English

文字サイズ

サイトマップ
初めての方へ 無料相談・お問い合わせ 029-828-5591 日曜・祝日を除き 9:00-17:30

「がんワクチン → 抗PD-1抗体」療法を支持:日本がん免疫学会総会- ICCIM2015から

他のがん免疫療法

7月9-11日、東京にて第19回日本がん免疫学会総会が第23回マクロファージ分子細胞生物学国際シンポジウムと合同で、ICCIM2015として開催されました。

すでに広く知られておりますように、免疫チェックポイント阻害剤である抗PD-1抗体は、メラノーマで劇的に効きますが、他のがん種も含め、世界中で臨床試験が進行中です。

 その中で、今回のシンポジウムでも、続々と
がんワクチン → 抗PD-1抗体」療法
を支持する発表がありました。

 最初に全体概要の講演をされた国立がん研究センター東病院の土井俊彦先生(Morning Lecture (ML-1))は、以下の点に触れられました。

———————————————–
・抗PD-1抗体が効かないという大腸がんでも、mismatch-repair deficiencyがある大腸がんなら抗体は良く効く(Ref. 1)が、実はこのタイプには化学療法も非常によく効く。だから、大腸がんでは、米国の場合のように
microsatellite instabilityを必ずみるべきだ(※)。

 ・Translational Researchはスピード勝負になった。しかも新薬は高騰しているため、financial toxicityが出てきた。今は、肺がん患者一人あたり1億円かかる。
———————————————–
(※:日本でもこの検査は保険が使え、検査会社が受託しています。 microsatellite instabilityは、大腸がん、胃がん、子宮内膜がん、卵巣がん、胆道がん、尿道がん、脳腫瘍、皮膚がんでも発生します。)

 Lunch Time Special Seminar I (LS-I)で、慶應大・河上裕先生は、ご自身の研究室の開発状況を踏まえて、

———————————————–
・できるだけ腫瘍浸潤Tリンパ球(TIL)のレベルを上昇させておいてから、抗PD-1抗体(+できればアゴニストも)を使うべきだ(Personalized combined immunotherapyが目標)。
———————————————–

との話をされました。

Symposium I (SI-1)に登壇したDr. Mark J. Smyth(QIMR Berghofer Medical Research Institute, Australia)は、

———————————————–
・新しい免疫チェックポイント分子としてCD96/TIGITを狙うのが良い
———————————————–

と紹介をしていました。このとき、
・事前にがん組織中に浸潤しているCD8+ T細胞で、PD-1/PD-L1結合(免疫チェックポイントの一つ)により、
がん細胞を殺せない状態に抑えこまれているT細胞(TIL)がいることが必要で、これを増殖させられれば、
がん縮小効果が得られる、
というTumehの論文(Ref. 2)を引用していました。

これを演繹すれば、事前に「自家がんワクチン」を投与し(できるだけキラー活性のあるCD8+ T細胞を増やしておいてから)、免疫チェックポイント阻害剤である抗PD-1抗体を投与すれば、がん縮小効果が期待できることになります。

実際、すでに ドクター通信 from セルメディシン No. 333 で報告しましたように、
自家がんワクチンと免疫チェックポイント阻害剤の併用は安全で効果的だという最初の症例
では、
先に自家がんワクチンを投与し、後で抗PD-1抗体を投与して、子宮がん肝転移巣の縮小に成功しています。先生方のお手元でも、抗PD-1抗体の併用をご検討いただければ有り難く存じます。

Financial toxicityを如何に回避するべきかの一案はこの症例でも施行しましたが、次の
・ドクター通信 from セルメディシン No. 336
でもご紹介します。ご期待下さい。

References

1. Le DT et al.: PD-1 Blockade in Tumors with Mismatch-Repair Deficiency. N Engl J Med 2015; 372:2509-2520.

2. Tumeh PC, et al.: PD-1 blockade induces responses by inhibiting adaptive immune resistance. Nature. 2014 November 27; 515(7528): 568–571.