日本語 English

文字サイズ

サイトマップ
初めての方へ 無料相談・お問い合わせ 029-828-5591 日曜・祝日を除き 9:00-17:30

初期肺がん中の激しい遺伝子変異

その他の話題

大型連休中の5月3日、いかにも米国らしい力仕事の塊のようなニュースが飛び込んできました。

こちらです → http://www.ascopost.com/News/55580?http://www.ascopost.com/News/55580?utm_medium=Email&utm_source=ExactTarget&utm_campaign=&utm_term=6577590

100例の初期の非小細胞肺がん(それも全身治療開始前に)から、327ヶ所のサンプルを採取し、それぞれのサンプルの全ゲノム解析を行ったところ、1個のがん組織内でも多数の遺伝子変異が見出され(このこと自体は、従来から乳がん等でもわかっていたことですが)、肺がんの進行とともに急速に増えていくことが判りました。

目新しい点は、このような一つのがん組織内の遺伝子変異・染色体が不安定ながん程、再発しやすく、早く死亡しやすいということでした(統計学的な有意差があります)。

つまり、がんができた初期から、がん細胞自体がどんどん変化していて、一つのがん組織内でも異質化が従来の想像以上にスピーディに進んでいたのです。

となれば、肺がん治療でがん細胞(内なる敵です)に対する単純な攻撃を繰り返していたのでは(例えば、同じ分子標的薬を使い続ける等)、敵がたちまちにして変化し、効かなくなってしまうと容易に考えられます(臨床現場では、一つの分子標的薬の有効期間はせいぜい1年前後といわれています)。

このことから、がん治療においては、単純な治療法を順番に繰り出していって、
(A法がだめだった、ではB法で治療、えっ!もう効かなくなった、
ではC法で….)
というようなシークエンシャルなやり方をしていたのでは、いつまでも鬼ごっこが続くことになり、累積治療費が莫大にふくらんでいくことになります。

(これが、一人の肺がん患者の生涯治療費が1億円を越えるとささやかれ、保険診療制度がもはや持たないといわれる所以です)。

やはり、がん治療では、単純な治療法を並べていくのではなく、今そこの時点で、同時に採り得てしかも作用原理が異なる治療法を一挙に使う、すなわち、多重攻撃で一気呵成にがん細胞を一掃するのだ、という戦略が必要です。

このような多重攻撃の一方法として、弊社の「自家がんワクチン療法」を採用していただければ幸いです。

自家がんワクチン療法は、がん免疫療法の一種ですが、著名な免疫チェックポイント阻害剤・オプジーボのように、がん局所で免疫反応を停止させるブレーキをはずす役割をはたすのではなく、体内の免疫反応を積極的に刺激して、がん局所に多数の免疫細胞を送り込むという(Ref. 2)、アクセルの役割をはたします。

作用原理が異なりますから、オプジーボと同時併用が可能です。もちろん従来型の細胞毒性の強い抗がん剤ではありませんから、注射時のちょっとした痛みや腫れ、一過性の発熱等の軽い副作用を除けば、重度の苦しい副作用は皆無です。

References

1. Jamal-Hanjani M, et al. TRACERx Consortium: Tracking the Evolution of Non?Small-Cell Lung Cancer. N Engl J Med, April 26, 2017. DOI: 10.1056/NEJMoa1616288
→ http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1616288

2. (専門的になりますが、以下の学術論文は、弊社の社員が第一著者で、弊社役員も参加しています。その解説は、弊社のホームページ
から、
ドクター通信 from セルメディシン No. 351 – 2017.05.09
http://cell-medicine.com/doctors/
のページをクリックしてご覧下さい。)
Miyazaki T., Ishikawa E., Matsuda M. et al. Assessment of PD-1 positive cells on initial and secondary resected tumor specimens of newly diagnosed glioblastoma and its implications on patient outcome. J Neurooncol (2017). First Online: 26 April 2017. doi:10.1007/s11060-017-2451-7

 

【ご案内】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大規模病院の先生方へ:

「混合診療禁止」政策により、大規模病院では「自家がんワクチン療法」が実施できなくても、先生ご自身の患者様に対して、お近くの連携クリニックにて簡単に実施できます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

既に、大学教授で、この連携方式により、ご担当の患者様の自家がんワクチン療法受診を実現されている先生方も何人もおられます。具体的な方法は弊社まで直接お問い合わせください。必要な投資額はわずか30万円前後です。

新たに「自家がんワクチン療法」を自院でも開始したい病院の先生方は、どうか遠慮なく弊社にご連絡下さい。直接説明に伺います。

大病院から小型診療所まで、どこでも簡単に実施可能です。しかも肝がんでは、すでに無作為比較対照臨床試験で有効性が証明されているエビデンスレベルの高いがん免疫療法です。

★“自家がんワクチン療法”は「厚労省への届け出は不要です」★

自家がんワクチンが、生きている細胞を含まないため培養不要で、再生医療等安全性確保法でいう「細胞加工物」(人又は動物の細胞に培養その他の加工を施したもの)に該当しないためです。

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********