日本語 English

文字サイズ

サイトマップ
初めての方へ 無料相談・お問い合わせ 029-828-5591 日曜・祝日を除き 9:00-17:30

大型肺がんの完治例がでました

症例のご紹介

手術時の肺がんサイズが5cm以上もある場合、予後不良となるのは容易に予想されますが、直径11 cmもの大型肺がんがあった方が、「自家がんワクチン療法」受診後、この度5年経過し、主治医から「完治」の宣言がでました。

 症例は、60歳代女性、2012年4月に手術を受けましたが、術前は、血痰、39-40℃の発熱、全身衰弱があり、がんは11X10X9cmと大きく、胸壁・横隔膜に浸潤があるステージIIIA期で、切除可能ギリギリの厳しい状況でした。

 術後、扁平上皮がんであることが判明、リンパ節転移も見つかり、胸水も出現していたため(肺がんが根治術後に再発する場合、75%が3年以内に出て来ることと、この状況を考えあわせると)、主治医は「とても助からない」とあきらめていた方です。

 この方は、銀座並木通りクリニックにて、2012年5月に自家がんワクチン療法を受診していますが、3年後に調査した際、娘さん(医療関係者)から、
 『再発もなく,とても元気です』、
  そして『自家がんワクチンが効いていると思います』
との情報を得ていました。

 5年経過した時点のフォローアップ調査で、全く再発がないことから、今年5月11日、ついに「完治」の宣言がでたというわけです。

この方の大型肺がんの画像が、院長のブログに掲載されています。
→ こちらです

また、完治宣言は、  → こちらの院長ブログをご覧ください

弊社のホームページのうち、肺がんのページの〔症例1574〕と、「がん治療の専門医も驚いた症例の数々」のページの「肺がん-3」の項にも掲載してあります。

 

【ご案内】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大規模病院の先生方へ:

「混合診療禁止」政策により、大規模病院では「自家がんワクチン療法」が実施できなくても、先生ご自身の患者様に対して、お近くの連携クリニックにて簡単に実施できます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

既に、大学教授で、この連携方式により、ご担当の患者様の自家がんワクチン療法受診を実現されている先生方も何人もおられます。具体的な方法は弊社まで直接お問い合わせください。必要な投資額はわずか30万円前後です。

新たに「自家がんワクチン療法」を自院でも開始したい病院の先生方は、どうか遠慮なく弊社にご連絡下さい。直接説明に伺います。

大病院から小型診療所まで、どこでも簡単に実施可能です。しかも肝がんでは、すでに無作為比較対照臨床試験で有効性が証明されているエビデンスレベルの高いがん免疫療法です。

★“自家がんワクチン療法”は「厚労省への届け出は不要です」★

自家がんワクチンが、生きている細胞を含まないため培養不要で、再生医療等安全性確保法でいう「細胞加工物」(人又は動物の細胞に培養その他の加工を施したもの)に該当しないためです。

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********