日本語 English

文字サイズ

サイトマップ
初めての方へ 無料相談・お問い合わせ 029-828-5591 日曜・祝日を除き 9:00-17:30

抗新生血管薬を使いすぎるとかえって良くないことがある

最新の学会/最新の論文から

がんになると腫瘍血管が発達し、がん組織が急速に大きくなっていきますが、ある程度を過ぎるとネクローシスを起こし、中心部は溶解していきます。しかし、周辺部は増大を続け、全体としては巨大化していってがん末期に至ります。

 そこで、新生血管(腫瘍血管)を壊してやれば、がん組織の増大を防ぎ、治療効果を望めるようになる、という考え方で、腫瘍血管阻害剤の開発が全世界で盛んになされています。

 しかし、Huangらのマウスモデル実験の結果(Ref. 1)は、腫瘍血管の壊しすぎは要注意だと警告しています。

 彼らは乳がんモデルで、がんサイズがある程度大きくなった段階で、腫瘍血管破壊作用のある抗VEGFR2抗体を投与したとき、低ドーズなら治療効果が良く出るが、高ドーズにすると治療効果がかえって減弱することを発見し、この作用機序を探る段階で、がん組織内の浸潤免疫細胞が治療効果に大きく関与していることを見出しました。

 要するに、高ドーズの抗VEGFR2抗体で腫瘍血管を大きく破壊してしまうと、腫瘍内で低酸素状態が発生し、免疫細胞の活躍の余地がなくなってしまうのです。低ドーズの抗VEGFR2抗体投与なら、がん組織内の腫瘍血管を好適な状態に保てるため、がん内に浸潤した免疫細胞が活躍できるというわけです。

 そこでHuangらは「低ドーズの抗VEGFR2抗体+がんワクチン(抗原はがん細胞)」とするともっとも効果が高くなると報告しています。すなわち、腫瘍血管破壊による単純な兵糧攻めよりも、免疫細胞が活躍しやすくなるよう腫瘍全体の環境整備が大切だというわけです。

 VEGFR2を標的とする研究は本邦でも盛んに行われていますが、このような点も考慮する必要がありそうです。

REFERENCE

1.Huang Y, Yuan J, Righi E, Kamoun WS, Ancukiewicz M, Nezivar J, Santosuosso M, Martin JD, Martin MR, Vianello F, Leblanc P, Munn LL, Huang P, Duda DG, Fukumura D, Jain RK, Poznansky MC.: Vascular normalizing doses of antiangiogenic treatment reprogram the immunosuppressive tumor microenvironment and enhance immunotherapy. Proc Natl Acad Sci U S A. 2012 Oct 23;109(43):17561-6. doi: 10.1073/pnas.1215397109. Epub 2012 Oct 8.