日本語 English

文字サイズ

サイトマップ
初めての方へ 無料相談・お問い合わせ 029-828-5591 日曜・祝日を除き 9:00-17:30

がん免疫療法の歴史

免疫療法をがん治療に利用する“がん免疫療法”の歴史と共に、多数あるがん免疫療法の違いを紹介します。

免疫療法の歴史

がん免疫療法の歴史

がん治療では、一般に外科手術、放射線療法、化学療法が行われます。通常は、手術してダメなら放射線、それでもダメなら抗がん剤という順番です。しかし、放射線や抗がん剤の効果がほとんどない疾患もあります。そこで第四の治療法として“免疫療法”が注目されております。

がん免疫療法の研究の歴史は古く、昔から何度もがん治療の表舞台に登場してきました。しかし、一部の患者さんには劇的に効いても他の患者さんには全く効果がないことが多く、残念ながら期待に応えるだけの成果を上げてきていないのも事実です。さらに、免疫療法で末期がんが治るという魔法のクスリのよう なうたい文句を語る商法なども出てしまい、以来、一般的な医師には「免疫療法は科学的根拠に乏しく、怪しげな治療法だ」という観点が定着してしまいました。我々も、長い研究経験の中で、免疫学の理論上からは成功必定に見え、動物実験ではすばらしい効果を示す免疫療法であっても、実際に患者に適用してみるとほとんど役に立たない方法が多数あるのを目のあたりにしてきています。

真に役に立つがん免疫療法は、実は極めて少ないのです。