日本語 English

文字サイズ

サイトマップ
初めての方へ 無料相談・お問い合わせ 029-828-5591 日曜・祝日を除き 9:00-17:30

脳腫瘍

自家がんワクチン療法を受診、その後、2020年12月末時点までにフォローアップ調査した脳腫瘍症例のうち、経過報告があった症例についてソフトクライテリアの観点から評価した治療成績を以下の表と、その下の代表的症例にまとめました。

評価済み症例のうちの有効例~無効例中38.1%で、臨床的に見てなんらかの改善効果(有効例 + 1年以上の長期不変・長期無増悪例)が見出されております。

(以下の説明が、どうにも難しい、と感じられる方は、銀座並木通りクリニック・院長 三好立先生 が、非常にわかりやすく書かれているブログをご覧ください。専門医でも有効性を認めた結果の論文に触れています。 → こちらです

もし、このページの読者の方で、長く続く頭痛がする場合は、直ちに大学病院の脳神経外科で検査を受けることをお勧めします。そしてもし脳腫瘍の疑いがあると言われたら、いきなり手術を受ける前に、高い治療成績を上げている大学病院を調べて、そこで手術を受けることをお勧めします。(どこの大学病院がいいかわからない場合は、遠慮なく無料相談・お問い合わせ先にお問い合わせください。)

(ご案内:このページは、掲載責任者であるセルメディシン株式会社が医療機関ではなくバイオ研究開発企業であることから、症例報告を掲載しても厚労省の「医療広告ガイドライン」には抵触しないことを、茨城県保健福祉部厚生総務課に確認済みです。)

がん種
全症例数 576
1:有効 27
2:長期不変・無増悪
(1年以上)
61
3:不変
(6ヶ月以上1年未満)
21
4:無効 122
改善率1:
(1+2)/(1+2+3+4)
38.1%
5:経過観察中 24
6:投与中止 10
7:転帰不明追跡不能 299
改善率2:
7.転帰不明も
無効とした場合
16.6%
8:未投与 12
9:未評価 0

注) 改善率1=(1.有効+2.長期不変・無増悪)/(1.有効+2.長期不変・無増悪+3.不変6ヶ月以上1年未満+4.無効例数)   → もっとみやすい改善率-1、改善率-2、表中の項目1~9の定義は → こちらです

代表的症例

〔症例0029〕 (筑波大学附属病院・臨床研究)
初回術後に再発した脳腫瘍の中で最悪性の多型膠芽腫(GBM、グレードIV)。放射線81.2Gy照射、抗がん剤ACNU2コース実施。2回目の手術後、自家がんワクチン接種開始。10週間後には脳腫瘍の体積が25%縮小(MR)。9ヵ月後には、ピーク時に比べ半分以下の部分寛解(PR)に。約半年後に退院して自宅で日常生活。04年7月再増大したためテモゾロマイド投与開始。初回術後31.8ヶ月、ワクチン接種後からは20.3ヶ月も生存。

CMI0133.png

〔症例0039〕 (筑波大学附属病院・臨床研究)
多型膠芽腫(GBM、グレードIV)。手術、放射線61.2Gy照射後、抗がん剤ACNU2コース実施。以後、自家がんワクチン療法を施行。2回目の免疫反応テストは陰性だったが、腫瘍体積減少を認める。04年2月までは一部縮小(MR)。その後部分寛解(PR)、術後24ヵ月以降は完全寛解(CR)となり社会復帰、2013年3月現在CR継続中。10年生存例となった。

〔症例0076〕 (文京クリニック)
小児。2004年2月手術。術後ステロイド剤を使用していたが離脱。2004年3月初診時のPSは3(限られた自分の身のまわりのことしかできない。日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす)およびKPS50%(かなりの介護と頻回の医療ケアが必要)だったが、自家がんワクチン接種開始。4月(主治医より)体幹失調こそ著明だが、その他は良好。前回問題となったcystはおとなしくしており、その左下のcystが小脳半球方向に増大してきている、という。
. ところが、2010年6月時点の調査でまだ元気とのこと。小児脳腫瘍で6年問題なしであるため、「推定余命より2倍以上の延命」、「主治医の評価による何らかの臨床上の好ましい反応」により有効と判断。

〔症例0230〕 (大塚北口診療所 → 問合せ:銀座並木通りクリニック)
最悪性の膠芽腫。腫瘍MIB-1  Index 50以上(増殖が猛烈に速い状態)。自家がんワクチンと放射線の時差併用後、一過性増大あるもその後不変(SD)となり、さらに半分以下の部分寛解(PR)に。

〔症例0235〕 (大塚北口診療所)
44歳、女性。膠芽腫。2005年5月自家がんワクチン接種開始。1回目のワクチン接種で腫瘍内出血を発症。反応が非常に強いと予想されたため、2、3回目のワクチン接種は11月に実施。それでもDTH-2反応陰性。2006年6月再発なし。しかし2007年2月再発、摘出。4月、再発部位でワクチン作製し、投与後、残存腫瘍退縮。術後24ヶ月、初回ワクチン接種後18ヶ月経過時で無再発。主治医評価で一旦CR(完全寛解)とされたが、以後、別部位に腫瘍出現、2年2ヶ月後に死亡。

(注)この方では、初発脳腫瘍と再発脳腫瘍では腫瘍抗原が変化していた可能性があります。後者で作製した自家がんワクチンで残存腫瘍が縮小し一旦CRとなったことから、主治医は自家がんワクチンの効果ありと評価しています。

〔症例0243〕 (つくばセントラル病院)
最悪性の膠芽腫。放射線と自家がんワクチンの時差併用で頭蓋内腫瘍が著明縮小、自家がんワクチン接種前後で頭蓋底部に再発増大があったが放射線照射野外にもかかわらず増殖停止し長期不変(SD)となり、臨床症状改善。主治医は自家がんワクチンの効果ありと判定、追加治療不要との判断だったが、本人の強い要請により、その後化学療法を開始。

〔症例0248〕 (つくばセントラル病院)
47歳、女性。膠芽腫で2004年9月手術、再発し2005年6月2回目の手術。7月より自家がんワクチン接種。9月時点で早くもPD(進行)となり、抗がん剤(TMZ/エトポシド)投与開始。運動麻痺と水頭症になりながらも、2007年12月に生存確認。ワクチン投与開始後28ヶ月以上生存していることから、「推定余命より2倍以上の延命」にて主治医評価で(抗がん剤併用ながら)ワクチン有効とされた。

〔症例0264〕 (つくばセントラル病院)
小脳の膠芽腫。2005年9月の手術直後に比較し、自家がんワクチン接種後、12月に1/2以下に縮小、2006年2月に部分寛解(PR)確認。

〔症例0305〕 (大塚北口診療所 → 問合せ:銀座並木通りクリニック)
退形成性乏突起神経膠腫(AO)。自家がんワクチン接種後に腫瘍縮小、主治医判定では部分寛解(PR)。4ヵ月後テモダール投与開始、さらに縮小した。

〔症例0341〕 (大塚北口診療所)
31歳、男性。2006年2月脳腫瘍摘出。再発摘出術以前に放射線治療を行ったところ、Gemistocytic astrocytoma with RT necrosisの病理診断。この「神経膠腫再発+放射線壊死」部位で自家がんワクチンを作製、5月接種。2008年11月で2年5ヶ月無再発。以後、インターフェロンを併用しているが、2017年4月で10年無再発生存

(注)この方は、脳腫瘍のうちのグレードIIIに分類されますが、無再発10年となったため、自家がんワクチンの効果ありと評価されています。

 〔症例0740〕 (銀座並木通りクリニック)
55歳、男性。2007年6月初回手術。12月再手術。神経膠腫グレードIII。2008年6月自家がんワクチン投与開始。以後、インターフェロンを併用しているが、2019年8月に再発するまで11年無再発。「推定余命より2倍以上の延命」にてワクチン効果ありと評価された。

 〔症例0764〕 (つくばセントラル病院)
初回術後も残存している最悪性の多型膠芽腫(GBM、グレードIV)。「放射線+抗がん剤テモダール治療」後に再発したため、2008年7月「自家がんワクチン+テモダール」併用開始、7週間後には半分以下に縮小(筑波大にて診断、画像上PRとの専門医判定)、7.2ヵ月間無再発状態が続いた。2009年5月再手術で摘出した再発巣を原料に2コース目の自家がんワクチンを接種、以後連絡取れず不明。

〔症例0769〕 (つくばセントラル病院)
再発した最悪性の多型神経膠芽腫(GBM)。下図で、A:2回目の手術前、B:2回目の手術後でも大型GBMが残存、この時点でKPSは20%(非常に重症、入院が必要で精力的な治療が必要 という状態)。C:「自家がんワクチン+テモダール」併用開始5週間後、矢印部分が劇的に減少、空洞ができ腫瘍サイズが40%未満となった(画像上PRとの専門医判定)、D:12週間後(さらに減少、下段も縮小)、E:20週間後(上段はさらに減少したが下段で増大、この時点で再々発と診断)、12.6ヶ月生存(再発症例の中では、予想よりもはるかに長期生存した例)。

〔症例0788〕 (ももいクリニック)
75歳、女性。2008年8月手術、膠芽腫。10月自家がんワクチン投与開始。2009年4月ワクチン2コース目投与。2008年10月-11月自家がんワクチン1コース終了後、2009年1月時点で再発なし。2月再発を疑うも3月のMRIでは腫瘍増大認めず、抗がん剤・テモダール投与を継続。4月に2コース目の自家がんワクチン投与。その後腫瘍の増大は停止、1年以上経過した2010年7月現在まで不変。「推定余命
より2倍以上の延命」でワクチン有効と評価。

〔症例1138〕 (つくばセントラル病院)
72歳、男性。2009年6月手術、膠芽腫。2010年2月再発、3月再手術(再手術していなければ 余命2ヶ月と言われたという)。ガンマナイフ施行。4月自家がんワクチン投与。一過性に脳浮腫が生じたため、主治医より終末期状態と家族に話したという。しかしその後急速に画像・症状が良くなり、かなり良い状態(ほぼ正常のADL)に戻ったという連絡が元の主治医よりあった。
 メールにて、「現在の様子ですが、大変元気にしております。手足の麻痺や言葉が出ないという症状も無くなりました。歩行も特に問題無く普通に歩くことが出来ます。お風呂、トイレも介助無くひとりで大丈夫です。食欲もあります。今回はテモダール服用中も食べることができました。ワクチン療法にトライして本当に良かったです。」とのこと。
. 「主治医の評価による何らかの臨床上の好ましい反応」にてワクチン有効と評価。

〔症例1218〕 (銀座並木通りクリニック)
58歳、女性。初回診察時KPS50%(かなりの介護と頻回の医療ケアが必要)という状態の悪さで、右中心領の膠芽腫
. 2010年10月自家がんワクチン投与。2012年9月主治医より電話で、「本年9月で術後3年目に入る。術後はワクチン+サイバーナイフで対応してきたが、2012年6月に少し悪化が見られサイバーナイフを追加、現在もご存命」という。以後、結局、サイバーナイフ2回、ワクチン2回投与。抗がん剤テモダール投与は1回行っただけでリンパ球数が減少し、以後投与せず、アバスチンを3回注射。2012年12月現在再発なく元気に(左麻痺はあるが)過ごしているという。2014年2月時点でも無再発生存。「推定余命より2倍以上の延命」にてワクチン有効と評価。

(注)この方については、症例報告論文が出ています → Ishida A, et al. Oncology Letters 7:1608-1612, 2014.

〔症例1283〕 (銀座並木通りクリニック)
64歳、男性。2010年12月、大学病院の病理診断では、「膠芽腫、(細胞分裂の指標)MIB-1=65%、腫瘍細胞の退形成所見が強く、高い増殖能を持っている。また、微小血管増殖が特に顕著」とのことで極めて予後不良と想定された。2011年4月自家がんワクチン投与。
 2013年2月大学病院脳神経外科の主治医より電話あり、「東京女子医大経由で2年程前にワクチンを投与。患者は現在も生存中で、ワクチン有効と判断している」とのこと。

(注)MIB-1=65%、及び(脳腫瘍細胞の増殖を支える)微小血管増殖が特に顕著とは、顕微鏡下で見える膠芽腫細胞の大部分が分裂増殖中という猛烈なスピードで増大している膠芽腫の状態を表しています。さすがに大学病院でも諦めていたはずですが、電話があったこと自体、2年たっても患者が生きていることに元の主治医が驚いていることを現しています。

〔症例1525〕 (札幌白石脳神経外科病院)
60歳、女性。膠芽腫。2012年3月自家がんワクチン投与開始。2013年10月ご家族より直接当社に電話あり、現時点で再発なし、主治医の余命予想(1年)よりも倍以上経過。医大でのMRI検査も2ヶ月に1回になったという。
. 2019年11月、ワクチン投与後、今も脳腫瘍は無再発とのこと。一方で、最近放射線を当てた前頭部に「径4×1㎝の遅発性の肉腫が出来てしまった」、との相談があった。その時点で、主治医の余命予想をはるかに超えている

〔症例2163〕 (飛鳥メディカルクリニック)
32歳、男性。びまん性脳幹グリオーマ、グレードII。小脳と脳幹部から左脳に広がる4-5cmの腫瘍があり、摘出不能。2014年1月生検手術。6月生検のため採れた腫瘍の量が少なく、自家がんワクチンを1本(1コースの1/3)のみ投与
. 9月(主治医より)頭痛がなくなり、腫瘍の縮小がみられた。12月(家族より)3ヶ月ごとにMRI撮影、撮るたびに腫瘍が縮小している。術後治療はワクチンと放射線治療のみで、抗がん剤は投与していない。医大の先生が笑顔になるほど小さくなっていました!!とのこと。仕事に復帰。
. 医大より、2015年9月、10月、2016年3月に飛鳥メディカルクリニックに「腫瘍は縮小を維持、再発は認めない」との報告あり。2018年6月、画像上腫瘍がほぼ消失し、4年経過。しかし、11月再燃を確認。以後、転院先で得た再発摘出材料でワクチン2コース目を投
与。予後追跡調査の予定。

(注)この方は、グレードIIで腫瘍の増殖速度が遅かったため、放射線治療に加えたわずか1本のワクチン投与で有効となったと考えられます。4年経過後の再発ではグレードIIよりも悪性度が上昇していると考えなければならず、予断を許しません。

〔症例2448〕 (飛鳥メディカルクリニック)
(第13回がんワクチン療法研究会、2016年11月、山口院長発表の症例)
. 5歳の小児。痙攣重責で2015年3月緊急肉眼的脳腫瘍全摘出術施行。しかし取り切れず、6月残存腫瘍摘出術施行。病理診断は退形成性上衣腫。
. 生命予後悪く、放射線治療が必要とされ、4月~6月陽子線治療+抗がん剤・テモダール内服。好中球減少、顆粒球減少症あり、骨髄抑制が懸念されたが、8月血球回復。
. 2015年9月自家がんワクチン1本のみ投与。患者体重が13kgと軽いため、体重50kgの大人に換算すると十分量投与できたと患者家族に説明。ワクチン投与後は問題なく経過。
. 患者は元気で2018年6月のMRI検査でも問題なし。2019年12月現在も元気で、山口院長は、「5才児の退形成性上衣腫に対しても通常コースに及ばない1回のみの接種で良好な経過を呈している」と自家がんワクチンを評価している。