日本語 English

文字サイズ

サイトマップ
初めての方へ 無料相談・お問い合わせ 029-828-5591 日曜・祝日を除き 9:00-17:30

マクロファージの免疫チェックポイント分子VISTAがすい臓がんの治療を邪魔している

他のがん免疫療法について

2月2日付の海外がん医療情報リファレンスによれば、
→ https://www.cancerit.jp/62062.html
テキサス大学MDアンダーソンがんセンターのノーベル賞受賞者のAllisonを含むSharmaのグループが、すい臓がんの間質組織に多いマクロファージが過剰発現している免疫チェックポイント分子VISTAのために、すい臓がんでは(抗PD-1や抗PD-L1の)免疫チェックポイント阻害剤が効きにくいのだ、と発表したとのことです(Ref. 1)。

これまでに、免疫チェックポイントでがん免疫反応のブレーキの役割をはたす分子としては、PD-1、CTLA-4、TIM-3、BTLA、LAG-3等が著名でしたが、ここに新たにVISTAが登場したわけです。

しかもこのVISTA、がん局所に集まってがん免疫反応を邪魔することが知られていたマクロファージに大量に発現していて、従来のようにがん細胞上やそれに直接対峙するキラー細胞上ではなく、リンパ節に多い抗原提示細胞上でもない、がん細胞の隣に位置する間質組織中にいるマクロファージ上だ、というのが新顔らしいところです。

なぜ、がん細胞の隣の間質組織中にいる細胞上に出ているVISTA分子が、がん細胞対キラーリンパ球の戦いを邪魔するのか、はなはだ興味のあるところです。

今後、この関係の論文が世界中から大量に出現することでしょう。

また、VISTAに限らず、多様な免疫チェックポイント分子が続々と発見され(特に、オプジーボやヤーボイが効かないがん種で)、それらに対する抗体医薬品が猛烈なスピードで開発されていくものと思われます。

ただ、よく考えてみると、これら免疫チェックポイント阻害剤となるものは、すべてがん免疫反応のブレーキをはずす作用をするものです。

一方ではやはり、がん免疫反応のアクセルを踏む作用をするものがなければ、がん免疫サイクル(Ref.2)は高速では廻らず、がん細胞殺傷効果も限定的になってしまいます。

ここでこそ、がん免疫反応の強力なアクセルとなる「自家がんワクチン」が役に立ちます。すなわち、「アクセル・オン/ブレーキ・オフ戦略」が有効なのです。

その実例は、こちらのページでご覧ください。

http://cell-medicine.com/topics/%e8%87%aa%e5%ae%b6%e3%81%8c%e3%82%93%e3%83%af%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%b3%e3%81%a8%e5%85%8d%e7%96%ab%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e9%98%bb%e5%ae%b3%e5%89%a4/

Reference

1. Jorge Blando, Anu Sharma, Maria Gisela Higa, Hao Zhao, Luis Vence, Shalini S. Yadav, Jiseong Kim, Alejandro M. Sepulveda, Michael Sharp, Anirban Maitra, Jennifer Wargo, Michael Tetzlaff, Russell Broaddus, Matthew H. G. Katz, Gauri R. Varadhachary, Michael Overman, Huamin Wang, Cassian Yee, Chantale Bernatchez, Christine Iacobuzio-Donahue, Sreyashi Basu, James P. Allison, and Padmanee Sharma.
Comparison of immune infiltrates in melanoma and pancreatic cancer highlights VISTA as a potential target in pancreatic cancer.
Proc Natl Acad Sci, USA, January 29, 2019 116 (5) 1692-1697; published ahead of print January 29, 2019 https://doi.org/10.1073/pnas.1811067116

2. がん免疫サイクルの動画
http://www.immunooncology.jp/medical/cycle/

 

【ご案内】
**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********
このメールニュースを、ぜひ読者の知人の方々に転送願います。
このニュースは、2000人以上の方々に発信しております。
◎ 新たに配信をご希望の方、
○ メールアドレスを変更した方、
● 今後は配信停止をご希望の方、
こちらからどうぞ。
→ https://cell-medicine.com/consultation/form_02.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
抗がん剤が効きにくい“スローな癌”こそワクチンで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大病院の先生方へ:

「混合診療禁止」政策により、保険診療機関である大病院では「自家がんワクチン療法」が実施できなくても、先生ご自身の患者様に対して、お近くの連携クリニックにてごく簡単に、自由診療にて実施できます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

既に、大学教授で、この連携方式により、ご担当の患者様の自家がんワクチン療法受診を実現されている先生方も何人もおられます。具体的な方法は弊社まで直接お問い合わせください。必要な投資額はわずか30万円前後です。

新たに「自家がんワクチン療法」を自院でも連携方式で開始したい病院の先生方は、どうか遠慮なく弊社にご連絡下さい。直接説明に伺います。

大病院から小型診療所まで、どこでも簡単に実施可能です。しかも肝がんでは、すでにランダム化比較対照臨床試験で有効性が証明されているエビデンスレベルの高いがん免疫療法です。

★“自家がんワクチン療法”は「厚労省への届け出は不要です」★

自家がんワクチンは生きている細胞を含まないため培養不要です。また、組織を再生させるものではなく再生医療等安全性確保法でいう「再生医療製品」に該当しないためです。

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********

セルメディシン株式会社
TEL:029-828-5591、FAX:029-828-5592
E-mail: tkb-lab@cell-medicine.com