日本語 English

文字サイズ

サイトマップ
初めての方へ 無料相談・お問い合わせ 029-828-5591 日曜・祝日を除き 9:00-17:30

自家がんワクチンの効果:大腸がんの有効例をホームページに追加

その他の話題

既に、2021.02.15のトピックスでお知らせしましたように、この度、総計2880例のフォローアップ調査が完了しました。

今回は、その中で見つかった「大腸がん」に対する自家がんワクチンの効果が見られた有効症例について、ご案内申し上げます。

各がん種ごとの代表的症例については、従前のフォローアップ調査(2016年10月13日時点まで、1759例)にて判明した有効例が、各がん種ごとのページに掲載してあり、そこに追加した分が今回のご紹介症例です。

大腸がんのページには、ソフトクライテリア(※)にて評価した「有効」例が、
前回の12例から今回は21例にまで、
. 9例
増えています。
注:セルメディシンニュースNo.433では4例増と記載していましたが、再確認の結果9例増でした。訂正します。)

(※)「ソフトクライテリア」の意義については、以下に解説してありますので、ぜひご覧願います。
弊社ホームページのトピックス欄で、こちらをクリック願います → 2018.03.01版

ここでいう「有効」とは、自家がんワクチン療法により、
・残存腫瘍サイズ縮小
. (RESIST基準による測定法が正確ですが、必ずしもそれによらず、画像を一見して明白に縮小または消失した場合を採用しています)
・腫瘍マーカー減少(半減以下)
・推定余命より2倍以上の延命
・QOLの明らかな改善(主にKPS基準で)
・主治医の評価による何らかの臨床上の好ましい反応
等のいずれかがあった症例を指しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大腸がんは、年間15万人以上が罹患するという最も多いがんです。初期であれば、原発巣を切除すれば治りますが、大腸のまわりのリンパ節に転移している可能性があるステージI, II, IIIの場合、原発巣の手術後、化学療法が施行されます。場合によっては、放射線治療も選択肢になっています。

さらにがんが進行して、肝臓や遠隔リンパ節にまで転移するとステージIVに分類され、手術が行われることもありますが、ほとんどの場合は諦められ、化学療法が優先的に施行されます。

手術後の補助化学療法では、強い抗がん剤を組み合わせて投与するFOLFOX(フォルフォックス)療法(多数のバリエーションがあり、mFOLFOX6もその1例です)、あるいはFOLFIRI(フォルフィリ)療法が標準治療になっています。

いずれも強い副作用があり、約9割の方に手先のしびれや痛み、味覚異常など、末梢神経症状が現れます。

また、骨髄に強烈なダメージを与えるため白血球が激減しやすく、治療を繰り返していくうちに、白血球の中のリンパ球まで減少して回復しなくなってしまうと、リンパ球を活性化しようとするがん免疫療法の出番がなくなってしまいます。

そうなる前に、できれば白血球数(特にリンパ球数)の回復力があるうちに、自家がんワクチン療法を受診しておくことが望まれます。

今回のフォローアップ調査では、有効例として見出されたうち、以下の症例が代表的な症例として大腸がんのページに追加されています。80歳という高齢の方も2例あります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〔症例0333〕 (東海クリニック)
55歳、他院で、リンパ節転移あり等により既にステージIVと診断されていた。自家がんワクチン投与開始から約1ヶ月経過後の2006年5月時点で主治医より「腹部の腫瘍縮小」との情報あり。最終的には死亡したが、ワクチン投与開始直前まで増大傾向だった腫瘍が、短い期間で縮小した点が評価された。

〔症例0419〕 (尾道総合病院)
55歳、2003年7月、がんの浸潤は固有筋層を超えて漿膜下組織あるいは周囲脂肪織にまで達していた。既にリンパ節と肺に転移あり。2006年9月自家がんワクチン投与。投与後13ヶ月時点で生存。その後死亡するも「推定余命より2倍以上の延命」と評価。

〔症例0567〕 (尾道総合病院)
56歳、2006年10月直腸癌手術。直腸漿膜への浸潤があり、人工肛門になった方。リンパ節転移が25個中5個にあった。2007年7月自家がんワクチン接種。しかし腫瘍マーカーは増大、2009年1月がピークだった。その後減少、2013年9月までは生存。典型的な「一時増悪その後有効」となるがん免疫療法の効果パターンを示した。

〔症例0863〕 (個人医)
80歳、女性。直腸がん。主治医は息子。術前に軽度脳梗塞および痩身のため抗がん剤治療は避け、2009年1月自家がんワクチンを接種。接種時すでに腹膜転移があった。接種から2年以上元気に生存されたが、癌とは関係ない誤嚥性肺炎で永眠。「主治医の評価による何らかの臨床上の好ましい反応」と評価。

〔症例1053〕 (百万遍クリニック)
68歳、転移巣なし。2009年12月自家がんワクチン投与。2010年2月、細胞性免疫反応を抑制する細胞(Treg)値が29.9から19.0へ減少し良い傾向と説明した。再発すれば来院する予定であったが、その後の記録なし。2015年4月時点で無再発と判断。この場合も「主治医の評価による何らかの臨床上の好ましい反応」と評価された。

〔症例1328〕 (再生未来クリニック)
55歳、患者本人が医師。2010年3月、左半S状結腸を1/3切除。腸間膜リンパ節転移切除。2010年4月化学療法6クール+ゼローダ内服。2010年5月時点でCEA=10.3、CA19-9=98.9。2011年6月自家がんワクチン投与開始。接種後2ヶ月時点ではCEAが上昇傾向にあったが、11月現在下降し始めているとのこと。高濃度ビタミンC併用。2016年2月時点ご存命。

(注)接種後のCEA上昇は、おそらくスードプログレッション(pseudo progression)その後有効になったと推定された症例です。

〔症例1466〕 (池袋がんクリニック)
33歳。上行結腸がんの腫瘍径が約10cmもの巨大さだった。2011年5月大腸がん摘出術施行。リンパ節転移あり、ステージIVと診断。2011年6月よりmFOLFOX6を12回実施。温熱療法を週1回のペースで実施。2011年11月末抗がん剤終了時点で再発転移傾向は確認されず。この際に、2012年1月ワクチン投与開始。2015年11月中旬の定期検査で問題なく、2016年5月時点、大腸カメラ&CT検査で再発なく無事に術後5年経過、がん拠点病院から卒業。

(注)この方は若いため、副作用の強いmFOLFOX6療法に耐えられたと思われます。抗がん剤終了時点で再発がなかったとしても、ステージIVであったことから、再発の可能性が高く、これを自家がんワクチンが抑えたと考えられます。主治医評価がたいへん良好でした。

〔症例1715〕 (ふる里クリニック)
80歳、男性。直腸癌、筋層を超えて浸潤、漿膜への明らかな露出はないものの、静脈浸潤は高度、漿膜下層に腫瘍塞栓巣が散見される。リンパ節転移あり(2ヶ/6ヶ中)、StageIIIbと診断。肺転移(7 X 6mm)あり、切除。肝転移2ヶあり、約6ヶ月経過後、PET/CTにて、肝右葉S7から肝門部大静脈に一部接して最大径40mmの転移巣を認めた。2012年10月自家がんワクチン接種。2012年11月陽子線治療。2013年1月腫瘍マーカーが正常化。PET/CTのhot spotが(-)となり、約1年経過後も再発・転移所見なく正常生活(PS0)を送っている。

(注)この方は、肝転移巣に対し、自家がんワクチン+陽子線治療が相乗的効果を発揮したものと考えられます。

〔症例2370〕 (東海クリニック)
60歳、肝転移あり。2015年1月大腸がん手術。肝には径2cmX1個、1cmX4個、数ミリのものが5-6個ある。同年4月から温熱療法を開始。6月より自家がんワクチン接種。2017年11月まで温熱療法で通院があった。開始から2年強無再発。「主治医の評価による何らかの臨床上の好ましい反応」ありで有効例と評価。

〔症例2905〕 (陳瑞東クリニック)
76歳。直腸がんステージIIIb。2017年11月より2コースの自家がんワクチンを投与した方。2018年3月の肝CTにて病変3か所あり(2か所は縮小1か所は増大)。以後、肝マイクロ波焼灼術を繰り返す。肺転移あるも、2020年3月生存確認。

(注)いわゆるmixed responseの方。自家がんワクチン接種直後に病変2か所の縮小を評価し、有効例としています。再発を繰り返している1か所は、変異したエスケープクローンと推定されます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【ご案内】

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********

自家がんワクチン療法は、しっかりした学術論文群に支えられている科学的根拠のあるがん免疫療法です。

学術論文群は、→ こちらにあります。

このメールニュースは、1700人以上の方々に発信しております。
さらに読者を募集しています!!

◎ 新たに配信をご希望の方、
○ メールアドレスを変更した方、
● 今後は配信停止をご希望の方、

こちらからどうぞ。
→ https://cell-medicine.com/consultation/news/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
抗がん剤が効きにくい“スローな癌”こそワクチンで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大病院の先生方へ:

「混合診療禁止」政策により、保険診療機関である大病院では「自家がんワクチン療法」が実施できなくても、先生ご自身の患者様に対して、お近くの連携クリニックにてごく簡単に、自由診療にて実施できます。

既に、大学教授で、この連携方式により、ご担当の患者様の自家がんワクチン療法受診を実現されている先生方も何人もおられます。具体的な方法は弊社まで直接お問い合わせください。

新たに「自家がんワクチン療法」を自院でも連携方式で開始したい病院の先生方は、どうか遠慮なく弊社にご連絡下さい。Web会議にて直接説明申し上げます。

大病院から小型診療所まで、どこでも簡単に実施可能です。しかも初期投資も不要です。

肝がんでは、すでにランダム化比較対照臨床試験で有効性が証明されているエビデンスレベルの高いがん免疫療法です。

★“自家がんワクチン療法”は「厚労省への届け出は不要です」★

自家がんワクチンは生きている細胞を含まないため培養不要で、 再生医療等安全性確保法でいう
「細胞加工物」(人又は動物の細胞に培養その他の加工を施したもの)に該当しないためです。

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********

患者様向けには、「自家がんワクチン療法」のホームページをご案内下さい。わかりやすくやさしく記載してあります。
こちらです。⇒ http://cell-medicine.com/

弊社は、理化学研究所発ベンチャー企業 & 筑波大学発ベンチャー企業 です。

セルメディシン株式会社
〒305-0047 つくば市千現2-1-6-C-B-1
TEL:029-828-5591、FAX:029-828-5592
E-mail: tkb-lab@cell-medicine.com

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********