日本語 English

文字サイズ

サイトマップ
初めての方へ 無料相談・お問い合わせ 029-828-5591 日曜・祝日を除き 9:00-17:30

座ってばかりではがんで死にやすくなるゾという警告論文が出ました

最新の学会から

中高年にとっては、都心に向かう地獄のような電車通勤がない分、在宅勤務は有難いものですが、楽あれば苦ありというごとく、パソコン相手に座りっぱなしとなりやすい欠点があります。

先週6月18日、中高年者で座業ばかりしているとがん死リスクとの相関性が高いという論文が出ました(Ref. 1)。

8002人の成人(45歳以上)に加速度計を腰につけ、7日間連続で動き方を測定、その集団を平均5.3±1.5年も追跡した前向き試験の結果です。対象者全体の平均年齢は69.8±8.5歳です。

(加速度計は、最近はどのスマホにもついていて、歩数のカウントに使われています。)

追跡期間に268人ががん死していることから普段の“動き”とがん死リスクとの相関関係の解析がなされました。

対象者全体を3分割し、

(T1)座りっぱなしが多い不活発群
・(T2)動きまわる普通群
.  (light-intensity physical activity)
・(T3)積極的に運動する活発群
.  (moderate- to vigorous-intensity physical activity)

に分けたところ、各群のがん死者数から計算したがん死リスクは、

T2 対 T1 : ハザード比1.45 95% CI, 1.00-2.11
T3 対 T1 : ハザード比1.52 95% CI, 1.01-2.27

でした。ここでハザード比が1より高いことは、生存に好ましい影響があることを示していて、その95%CIが1.0以上であることは、統計学的有意差があることを示唆しています。

逆にいえば、不活発群(T1)はがん死リスクが高いことを明瞭に示しています。

この論文では、不活発時間の影響を計算してみたとき、その30分を、

・軽い運動時間に置換すれば、がん死するリスクが8%下がる
・中等度から強度に運動する時間に置換すれば、がん死するリスクが31%下がる

としています。つまり、

.  “長生きしたけりゃ座りっぱなしになるな、動け”

というメッセージを発信しているわけです。

このセルメディシンニュースでは、過去に運動に関連した話題を2題発信しています。

それらの話題は、弊社のホームページのトピックス欄に掲載しています。

・セルメディシンニュースNo.285-皆さん、運動してますか?がんにならないために(2016年7月21日掲載)
→ こちらです

・セルメディシンニュースNo.397-非常識?–実は進行がんでも運動が効く(2020年4月30日掲載)
→ こちらです

今回のニュースも含めて、これらのニュース3題をまとめて考えれば、やはり人間も動物です、運動は血液循環を良好にし、結果的に体内の免疫力を強化するとされていますから、健康維持に重要なのですね。

Reference
1. Gilchrist SC, Howard VJ, Akinyemiju T, et al.
Association of Sedentary Behavior With Cancer Mortality in Middle-aged and Older US Adults.
JAMA Oncol. Published online June 18, 2020. doi:10.1001/jamaoncol.2020.2045

【ご案内】
**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********

自家がんワクチン療法は、しっかりした学術論文群に支えられている科学的根拠のあるがん免疫療法
です。学術論文群は、→ こちらにあります。

このニュースは、1700人以上の方々に発信しております。
さらに読者を募集しています!!

◎ 新たに配信をご希望の方、
○ メールアドレスを変更した方、
● 今後は配信停止をご希望の方、

こちらからどうぞ。
→ https://cell-medicine.com/consultation/news/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
抗がん剤が効きにくい“スローな癌”こそワクチンで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自家がんワクチンは、しっかりした学術論文群に
支えられている科学的根拠のあるがん免疫療法です。

学術論文群は、こちらにあります。↓
http://cell-medicine.com/company/publications/index.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大病院の先生方へ:

「混合診療禁止」政策により、保険診療機関である大病院では「自家がんワクチン療法」が実施できなくても、先生ご自身の患者様に対して、お近くの連携クリニックにてごく簡単に、自由診療にて実施できます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

既に、大学教授で、この連携方式により、ご担当の患者様の自家がんワクチン療法受診を実現されている先生方も何人もおられます。具体的な方法は弊社まで直接お問い合わせください。

新たに「自家がんワクチン療法」を自院でも連携方式で開始したい病院の先生方は、どうか遠慮なく弊社にご連絡下さい。直接説明に伺います。

大病院から小型診療所まで、どこでも簡単に実施可能です。しかも肝がんでは、すでにランダム化比較対照臨床試験で有効性が証明されているエビデンスレベルの高いがん免疫療法です。

★“自家がんワクチン療法”は「厚労省への届け出は不要です」★

自家がんワクチンは生きている細胞を含まないため培養不要です。また、組織を再生させるものではなく再生医療等安全性確保法でいう「再生医療製品」に該当しないためです。

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********

患者様向けには、「自家がんワクチン療法」のホームページをご案内下さい。わかりやすくやさしく記載
してあります。
こちらです。
⇒ http://cell-medicine.com/

弊社は、理化学研究所発ベンチャー企業
& 筑波大学発ベンチャー企業 です。

セルメディシン株式会社
〒305-0047 つくば市千現2-1-6-C-B-1
TEL:029-828-5591、FAX:029-828-5592
E-mail: tkb-lab@cell-medicine.com

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********