日本語 English

文字サイズ

サイトマップ
初めての方へ 無料相談・お問い合わせ 029-828-5591 日曜・祝日を除き 9:00-17:30

がんについてChatGPTに相談するのはまだ早い

新聞・雑誌・テレビ

最近、マスコミで話題のChatGPTについてお聞きになっておられますか?

NHKラジオ第1の朝の看板番組「マイあさ」でも、昨日(4月3日)、ついに取り上げられました。

番組タイトルは、
****************************************
けさの“聞きたい”
「早くも進化!?chat GPTの未来は」
コメンテーター:
工藤郁子氏(大阪大学招へい教員)
****************************************
でした。

要は、言語生成ソフト「GPT」が使えるように登録したパソコン(スマホでも可)に向かって、何かテキストで質問を出すと、AIが自然言語(日本語でもちろん)で回答を返してくる(今はまだ音声ではなくテキストですが)という、無料のWebサービスです。

この自然言語が上出来のため、まるでパソコンの向こうに人がいて、答えを出しているように感じます。

このAI、インターネット上にある膨大な情報を学習していて、複雑な語彙・表現も理解できるのが特徴だとされています。

さらに過去の会話内容を記憶したり、内容に誤りがあった場合はユーザーが訂正したりできるなど使い込むほどに賢くなるように設計されています。

→ https://aismiley.co.jp/ai_news/chatgpt-tsukattemita/

そこで、ついつい、何でも相談して回答を聞きたいとのめり込んでしまいがちになりますが、現時点ではまだまだ注意点があります。

もととなる情報は過去にインターネット上に存在した情報であること(現在の「GPT」v3.5では2021年9月版とされているそうです)から、このAIの知識はやや古いと考えられます。

さらに「事実かどうかよりも単語の出現頻度や相互関係を考慮して文章を作成する」のだそうですから、不正確な回答をする可能性があります。

ChatGPTは“自信たっぷりにウソをつく”と揶揄される現実がこの点にあります。

ですので医療に関しては、特に患者様の命がかかるがん治療に関しては、ChatGPTに相談するのは、まだ時期尚早でしょう。

今後、現在無料で使えるGPT v3.5からどんどんバージョンアップされていきますから、ChatGPTもどんどん賢くなっていくものと思います。

そうなってから(少なくとも、がん治療医がChatGPTの回答を見て、
. 「これなら、まあ、いいんじゃないか」
と認めるようになってから)、ChatGPTを使うようにされるのが良いと思います。

この過程は、かつてウイキペディア ↓ が登場したとき、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%AD%E3%83%9A%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2
(ブラウザ上でウェブページを編集することができる「ウィキ(Wiki)」というシステムを使用したウェブ上の「百科事典」)

初期には、「こんないい加減な辞典は使うな」と言われ、大学生にはウイキペディアからの引用禁止を言い渡した教授もいた時代がありましたが、

いまでは、世界中で誰でも修正できることから、いい加減な掲載内容はすぐに修正されるため、正確度がはるかに上昇し、世界中で便利な「百科事典」として使用されるようになっています。

この現実をみればわかるように、今後のChatGPTの十分な成長を待つべきだと思います。


【ご案内】
**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********
自家がんワクチン療法は、しっかりした学術論文群に支えられている科学的根拠のあるがん免疫療法です。
 学術論文群は、→ こちらにあります。

トピックスはメールニュースとして、1700人以上の方々に発信しております。
さらに読者を募集しています!!

◎ 新たに配信をご希望の方、
○ メールアドレスを変更した方、
● 今後は配信停止をご希望の方、

こちらからどうぞ。
→ https://cell-medicine.com/consultation/news/

 このメールニュースのバックナンバーはこちらです。「すべてのトピックス一覧」に含まれています。240本以上のニュースが蓄積されています。
→ http://cell-medicine.com/topics/

内容の検索は、その画面右上の「ここから検索」欄からGoogle検索と同じ方法で可能です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
抗がん剤が効きにくい“スローな癌”こそワクチンで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大病院の先生方へ:

「混合診療禁止」政策により、保険診療機関である大病院では「自家がんワクチン療法」が実施できなくても、先生ご自身の患者様に対して、お近くの連携クリニックの外来にてごく簡単に、自由診療にて実施できます。

既に、大学教授で、この連携方式により、ご担当の患者様の自家がんワクチン療法受診を実現されている先生方も何人もおられます。具体的な方法は弊社まで直接お問い合わせください。

新たに「自家がんワクチン療法」を自院でも連携方式で開始したい病院の先生方は、どうか遠慮なく弊社にご連絡下さい。Web会議にて直接説明申し上げます。

大病院から小型診療所まで、どこでも簡単に実施可能です。しかも初期投資も不要です。

肝がんでは、すでにランダム化比較対照臨床試験で有効性が証明されているエビデンスレベルの高いがん免疫療法です。

★“自家がんワクチン療法”は「厚労省への届け出は不要です」★

自家がんワクチンは生きている細胞を含まないため培養不要で、 再生医療等安全性確保法でいう「細胞加工物」(人又は動物の細胞に培養その他の加工を施したもの)に該当しないためです。

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********

患者様向けには、「自家がんワクチン療法」のホームページをご案内下さい。わかりやすくやさしく記載してあります。
こちらです。⇒ http://cell-medicine.com/

弊社は、理化学研究所発ベンチャー企業 & 筑波大学発ベンチャー企業 です。

セルメディシン株式会社
〒305-0047 つくば市千現2-1-6-C-B-1
TEL:029-828-5591、FAX:029-828-5592
E-mail: tkb-lab@cell-medicine.com

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********