日本語 English

文字サイズ

サイトマップ
初めての方へ 無料相談・お問い合わせ 029-828-5591 日曜・祝日を除き 9:00-17:30

少量抗がん剤治療を支える微小循環理論で特許成立、自家がんワクチン療法との相性も良好です -その2-

その他の話題

前号の
「少量抗がん剤治療を支える微小循環理論で特許成立、自家がんワクチン療法との相性も良好です -その1- 
では、「自家がんワクチン療法」で最も高い治療実績を上げている東京の
.   銀座並木通りクリニック
が、がん治療の新しい考え方、
.    「微小循環理論」
に対して特許を取得したとお知らせしました。今号では、その実例を以下にお示ししましょう。

引用元はこちらです(CT画像もここにあります)。
→ https://ameblo.jp/gin-nami/entry-12330106465.html

弊社のホームページでも紹介しています。
→ https://cell-medicine.com/cases/report/jingan/  のページにある
.    〔症例2853〕腎盂がん の方です。

*****

.〔症例2853〕  腎盂がん、ステージ4。
初期手術後の抗がん剤治療 (ゲムシタビン+タキサン)が効果なく、シスプラチ ンは腎機能障害のため使用できなかったという症例。大型の傍大動脈リンパ節転移巣が累々と6ヶ所もあり、 このままでは余命2ヶ月という宣告が地元主治医から 出されていた。

患者本人がさらなる抗がん剤治療で苦しみながらの 延命は望まず、副作用のない
. 「自家がんワクチン+低用量抗がん剤 (ゲムシタビン25mg/body/10日毎投与)」
治療を選択した。

その結果は劇的で、わずか3ヶ月で傍大動脈リンパ節 転移が消失完全寛解となり、ゴルフに行けるように なった。

*****

この症例は、自家がんワクチンに少量のゲムシタビ ンが併用されています。
ゲムシタビンの標準的な用量は、成人で1回に 1000mg/m^2です(体重60kg、身長170cmの痩せ型の方なら 1回に1690mg/bodyとなります)。 週1回、3週投与、1週休薬ですから、25mg/bodyとい うのはその1/67の少量に過ぎません。 (医師間では、そんなの“水に過ぎないよ”と陰口を 叩かれるほどです。)

副作用がでるはずもない超微量です。まさに医師の 腕一本で救えた症例と思われます。

*****

このように、自家がんワクチン療法と、微小循環理 論から導き出された少量抗がん剤治療は相性がよく、 それ以前の常識からでは想像できない効果が期待でき ます。

もちろん、少量の抗がん剤ですから、自家がんワク チンともども副作用の心配は無用です。

 “薬は多ければ多いほどよく効く” という昔ながらの概念に依拠している通常使用量の化学療法の時代 とは異なり、
がん免疫療法と併用すれば、
 “薬は工夫次第で激減させてもよく効く” という時代 に入っているのです。

【追記】

銀座並木通りクリニックでは、定期セミナーにて、「少量抗がん剤治療」と「微小循環理論」について、わかりやすく説明しています。ご興味のある方は、どうぞご参加下さい。参加無料です。

12月の定期セミナーと、ご予約の問合せ先は、

日時:12月23日(土)14:00~16:00(13:45開場)
場所:銀座並木通りクリニック
.   〒104-0061 東京都中央区4-2-2 第1弥生ビル7F
.   (TEL:03-3562-7773) です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【ご案内】

*****△▲**▽▼******************△▲**▽▼*****

【第19回がんワクチン療法研究会学術集会が 、東京で開催されます】

*****△▲**▽▼******************△▲**▽▼*****

第19回がんワクチン療法研究会学術集会は、現地開催を下記のとおり予定しております。

■ 開催日:2023年12月17日(日)13:00~17:00
■ 会長:新田 雅之   (東京女子医科大学脳神経外科)
■ 開催方法:現地開催
■ 会場:ステーションコンファレンス東京 5階 「503-A」
.   〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12  サピアタワー5F
.   https://www.tstc.jp/tokyo/access.html

■ 特別講演
.  国立がん研究センター 先端医療開発センター
.  免疫療法開発分野 分野長
.     中面 哲也 先生

■ 参加(こちらは有料です)
.  原則として発表者は本研究会の会員としますが、 非会員の方は応募と同時に入会申込みも可能です。
.  入会申込みは運営事務局(ascavath@jtbcom.co.jp) へご連絡をお願いいたします。
.   運営事務局:(株)JTBコミュニケーションデザイン
.    
E-mail:  ascavath@jtbcom.co.jp

.  がんワクチン療法研究会 事務局
.  〒305-8575 つくば市天王台1-1-1  筑波大学医学医療系脳神経外科内
.  TEL:080-5908-3459

*****△▲**▽▼******************△▲**▽▼*****

このメールニュースを、ぜひ読者の知人の方々に転送願います。

◎ 新たに配信をご希望の方、
〇 メールアドレスを変更した方、
✕ 今後は配信停止をご希望の方、

こちらからどうぞ。→ https://cell-medicine.com/consultation/form_02.html

このメールニュースのバックナンバーは、弊社ホームページにある「すべてのトピックス一覧」に含まれています。
320本以上のトピックス(セルメディシンニュース)が蓄積されています。
こちらです →  http://cell-medicine.com/topics/

内容の検索は、このページの画面右上の「ここから検索」欄から、Google検索と同じ方法で可能です。

患者様向けには、「自家がんワクチン療法」のホームページをご案内下さい。わかりやすくやさしく記載してあります。
こちらです。
⇒ http://cell-medicine.com/

弊社は、理化学研究所発ベンチャー企業 & 筑波大学発ベンチャー企業 です。

セルメディシン株式会社
〒305-0047 つくば市千現2-1-6-C-B-1
TEL:029-828-5591、FAX:029-828-5592
E-mail: tkb-lab@cell-medicine.com

***△▲**▽▼**********************△▲**▽▼***