日本語 English

文字サイズ

サイトマップ
初めての方へ 無料相談・お問い合わせ 029-828-5591 日曜・祝日を除き 9:00-17:30

最悪の脳腫瘍・膠芽腫でも自家がんワクチンの有効性が予測できるという論文が出ました

最新の学会から

ご存知の方も多いと思いますが、脳腫瘍の中でも、グレードIVの膠芽腫という種類は、

初めての手術では全部とり切れず、必ず残存するため、ほとんどの患者さんで再発する。

再発したら、
放射線も、抗がん剤も効かない。
ウイルス療法(G47Δ)が保険診療で使用できるが、受診のためのハードルが高く簡単には受診できない。
再発して、再度入院したら、ほとんど退院することはない。

ということが知られている“最悪中の最悪のがん”です。

この度、筑波大・脳神経外科から、初発の膠芽腫で手術後の自家がんワクチン療法について、条件がそろ
えば効果の有無が予測できるという論文が出ました(Ref. 1)。

自家がんワクチンの投与を受けた方のうちでは、
・1) 手術で、MRI画像上では膠芽腫が、
.  全部摘出された方 対 全部は摘出できなかった方
では、
.  全生存期間中央値が、36.9ヶ月 対 16.5ヶ月 (p=0.005)
・2) 膠芽腫の病理組織標本で、p53分子の免疫染色で染まる細胞の割合が、
.  10%未満(陰性と定義)の方 対 10%以上(陽性と定義)の方
の間では、
.  全生存期間中央値が、65.6ヶ月 対 20.2ヶ月 (p=0.007)
でした。

自家がんワクチンの投与を受けなかった方々では、これら1)、2)の因子は予後に影響しませんでした。

この結果から、
・手術で、MRI画像上で膠芽腫を全部摘出、
・その膠芽腫がp53の免疫染色性でみて陰性、
ならば、

自家がんワクチン療法は有効となる

と予測できます。

従来より、“最悪中の最悪のがん”として太刀打ちできなかった膠芽腫でも、条件がそろえば、自家がんワクチン療法を追加することにより、長生きしていただけそうだ、という光明が見えてきたのです。

Reference

1. Erika Yamada, Eiichi ishikawa, Tsubasa Miyazaki, Shunichiro Miki, Narushi Sugii, Hidehiro Kohzuki, Takao Tsurubuchi, Noriaki Sakamoto, Shinya Watanabe, Masahide Matsuda.
P53-negative status and gross total resection as predictive factors for autologous tumor vaccine treatment in newly diagnosed glioblastoma patients.
Neuro Oncol Adv, Volume 5, Issue 1, January-December 2023, vdad079, https://doi.org/10.1093/noajnl/vdad079


【ご案内】
**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********
自家がんワクチン療法は、しっかりした学術論文群に支えられている科学的根拠のあるがん免疫療法です。
 学術論文群は、→ こちらにあります。

トピックスはメールニュースとして、1700人以上の方々に発信しております。
さらに読者を募集しています!!

◎ 新たに配信をご希望の方、
○ メールアドレスを変更した方、
● 今後は配信停止をご希望の方、

こちらからどうぞ。
→ https://cell-medicine.com/consultation/news/

 このメールニュースのバックナンバーはこちらです。「すべてのトピックス一覧」に含まれています。240本以上のニュースが蓄積されています。
→ http://cell-medicine.com/topics/

内容の検索は、その画面右上の「ここから検索」欄からGoogle検索と同じ方法で可能です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
抗がん剤が効きにくい“スローな癌”こそワクチンで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大病院の先生方へ:

「混合診療禁止」政策により、保険診療機関である大病院では「自家がんワクチン療法」が実施できなくても、先生ご自身の患者様に対して、お近くの連携クリニックの外来にてごく簡単に、自由診療にて実施できます。

既に、大学教授で、この連携方式により、ご担当の患者様の自家がんワクチン療法受診を実現されている先生方も何人もおられます。具体的な方法は弊社まで直接お問い合わせください。

新たに「自家がんワクチン療法」を自院でも連携方式で開始したい病院の先生方は、どうか遠慮なく弊社にご連絡下さい。Web会議にて直接説明申し上げます。

大病院から小型診療所まで、どこでも簡単に実施可能です。しかも初期投資も不要です。

肝がんでは、すでにランダム化比較対照臨床試験で有効性が証明されているエビデンスレベルの高いがん免疫療法です。

★“自家がんワクチン療法”は「厚労省への届け出は不要です」★

自家がんワクチンは生きている細胞を含まないため培養不要で、 再生医療等安全性確保法でいう「細胞加工物」(人又は動物の細胞に培養その他の加工を施したもの)に該当しないためです。

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********

患者様向けには、「自家がんワクチン療法」のホームページをご案内下さい。わかりやすくやさしく記載してあります。
こちらです。⇒ http://cell-medicine.com/

弊社は、理化学研究所発ベンチャー企業 & 筑波大学発ベンチャー企業 です。

セルメディシン株式会社
〒305-0047 つくば市千現2-1-6-C-B-1
TEL:029-828-5591、FAX:029-828-5592
E-mail: tkb-lab@cell-medicine.com

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********