日本語 English

文字サイズ

サイトマップ
初めての方へ 無料相談・お問い合わせ 029-828-5591 日曜・祝日を除き 9:00-17:30

白血病患者では新型コロナmRNAワクチンによる抗体の反応性が低下している

最新の学会から

. 2022年4月26日に着信したASCO(米国臨床腫瘍学会)からのニュースでは、

——******————————******——

. 新型コロナウイルスへのワクチンでmRNA型のワクチンを注射しても、白血病患者(非ホジキンリンパ腫で 慢性リンパ腫を含む))では、できた抗体のウイルス中和活性が低い。ウイルスがオリジナル株のSARS-CoV -2に対してもそうだが、オミクロン株やデルタ株に対する中和活性はもっと低い。

——******————————******——

との論文が出たとのことです(Ref. 1)。

. 原著論文に目を通してみると、できた抗体のSARS-CoV-2のスパイクタンパクへの結合活性は、白血病患者では健常者の「85分の1」しかないとあります。
. 新型コロナウイルスに対する中和活性は抗体の結合活性と相関していて、やはり低いとのデータが示されています(p<0.0001)。

. 日本人の悪性リンパ腫の90%以上を占めるのが非ホジキンリンパ腫です。

. 非ホジキンリンパ腫では、“がん”化しているリンパ球の種類によってB細胞リンパ腫、T細胞リンパ腫、NK細胞腫瘍に分類されます。

. 抗体はB細胞で作られので、B細胞ががん化した非ホジキンリンパ腫の場合は、できる抗体量が異常に少なくなる、できた抗体分子自体が異常なものとなるとの 想定はしやすいのですが、 もし、T細胞リンパ腫、あるいはNK細胞腫瘍の間接的影響によって、(まだ正常な)B細胞で作られる抗体量・抗体分子が異常になっている場合があるとすれば、 T細胞、あるいはNK細胞は、固形がんを殺す役割を果たす免疫細胞群ですから、それら細胞自体による白血病に限らず、潜在している他のがん細胞の悪性化にも 大きな影響を及ぼす可能性が考えられます。

(注:がん細胞は、健康な人のカラダでも多数(学説によっては1日に5000個も!)できることがわかっています。)

. もし、運悪く白血病を患っている患者さんは、新型コロナウイルス感染には、慎重さに慎重さを重ねて、注意していく必要があると思われます。

Reference

1. Chang A, Akhtar A, Linderman SL, et al.
Humoral responses against SARS-CoV-2 and variants of concern after mRNA vaccines in patients with non-Hodgkin lymphoma and chronic lymphocytic leukemia.
J Clin Oncol. Published online April 18, 2022. doi:10.1200/JCO.22.00088


【ご案内】
**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********
自家がんワクチン療法は、しっかりした学術論文群に支えられている科学的根拠のあるがん免疫療法です。

学術論文群は、→ こちらにあります。

トピックスはメールニュースとして、1700人以上の方々に発信しております。
さらに読者を募集しています!!

◎ 新たに配信をご希望の方、
○ メールアドレスを変更した方、
● 今後は配信停止をご希望の方、

こちらからどうぞ。
→ https://cell-medicine.com/consultation/news/

 このメールニュースのバックナンバーはこちらです。「すべてのトピックス一覧」に含まれています。
240本以上のニュースが蓄積されています。
→ http://cell-medicine.com/topics/

内容の検索は、その画面右上の「ここから検索」欄からGoogle検索と同じ方法で可能です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
抗がん剤が効きにくい“スローな癌”こそワクチンで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大病院の先生方へ:

「混合診療禁止」政策により、保険診療機関である大病院では「自家がんワクチン療法」が実施できなくても、先生ご自身の患者様に対して、お近くの連携クリニックの外来にてごく簡単に、自由診療にて実施できます。

既に、大学教授で、この連携方式により、ご担当の患者様の自家がんワクチン療法受診を実現されている先生方も何人もおられます。具体的な方法は弊社まで直接お問い合わせください。

新たに「自家がんワクチン療法」を自院でも連携方式で開始したい病院の先生方は、どうか遠慮なく弊社にご連絡下さい。Web会議にて直接説明申し上げます。

大病院から小型診療所まで、どこでも簡単に実施可能です。しかも初期投資も不要です。

肝がんでは、すでにランダム化比較対照臨床試験で有効性が証明されているエビデンスレベルの高いがん免疫療法です。

★“自家がんワクチン療法”は「厚労省への届け出は不要です」★

自家がんワクチンは生きている細胞を含まないため培養不要で、 再生医療等安全性確保法でいう「細胞加工物」(人又は動物の細胞に培養その他の加工を施したもの)に該当しないためです。

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********

患者様向けには、「自家がんワクチン療法」のホームページをご案内下さい。わかりやすくやさしく記載してあります。
こちらです。⇒ http://cell-medicine.com/

弊社は、理化学研究所発ベンチャー企業 & 筑波大学発ベンチャー企業 です。

セルメディシン株式会社
〒305-0047 つくば市千現2-1-6-C-B-1
TEL:029-828-5591、FAX:029-828-5592
E-mail: tkb-lab@cell-medicine.com

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********