日本語 English

文字サイズ

サイトマップ
初めての方へ 無料相談・お問い合わせ 029-828-5591 日曜・祝日を除き 9:00-17:30

米国のがん治療医も標準化学療法に厳密にこだわっているわけではない

最新の学会から

 がん治療における「標準治療」とは、“がん情報サービス”の定義では、
————————–
「科学的根拠に基づいた観点で、現在利用できる最良の治療であることが示され、ある状態の一般的な患者 さんに行われることが推奨される治療をいいます。」
→ https://ganjoho.jp/public/qa_links/dictionary/dic01/modal/hyojunchiryo.html
————————–
となっています。

 これをがんの化学療法に当てはめてみたとき、ある抗がん剤の投与量についても、推奨されている投与量をキチンと守るのが最良の治療となると解釈されます。

 しかし、この点を守らず、患者一人一人の状況を考えて投与量を大幅に減量した場合、そのような処方をした医師に対して、本邦では、あたかもインチキ療法のごとく指弾する別の医師がいます。

 ところが、世界のがん治療法開発の総本山とされている米国臨床腫瘍学会(ASCO)の会員で、乳がん、消化器がん、がん一般を受け持つ医師を対象にした調査 では、このほど意外なことが分かりました(Ref. 1)。

 この調査ではASCO会員3,099名を対象にしましたが、 回答があったのは367名(12%)でした。

 そのうち、56.6%の先生方が初回抗がん剤投与のときに、毒性低減のため、投与量を減量していたとのこ とです。

 特に消化器がん専門医では70%の医師が減量しており、乳がん専門医(50.7%)やがん一般治療医(49.6 %)に比べて有意差があった(p=0.005)ことが判明しました。

 ということは、米国のがん治療医の方が柔軟にがん患者さんの診療に当たっていることを示しています。

 がん化学療法で、標準的な抗がん剤投与量を墨守すべしという、本邦の一部のコチコチのこだわり意見に対し、今回の調査結果が何を物語っているかは明白と思われます。

Reference

1. Jimenez RB, et al. Oncologists’ Perspectives on Individualizing Dose Selection for Patients With Metastatic Cancer. JCO Oncology Practice, 2022, https://doi.org/10.1200/OP.22.00427

【ご案内】
**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********
自家がんワクチン療法は、しっかりした学術論文群に支えられている科学的根拠のあるがん免疫療法です。
学術論文群は、→ こちらにあります。

決していいかげんながん免疫療法ではありません。既に裁判手続を通じて、
・自家がんワクチン療法は、
. 「有効となる可能性がある」と公式に認められた
. と評価できております。
確定した判決文は、東京高等裁判所で、「令和3年(ネ)第5471号 損害賠償請求控訴事件」の閲覧手続きをとることで確認できます。

トピックスはメールニュースとして、1700人以上の方々に発信しております。
さらに読者を募集しています!!

◎ 新たに配信をご希望の方、
○ メールアドレスを変更した方、
● 今後は配信停止をご希望の方、

こちらからどうぞ。
→ https://cell-medicine.com/consultation/news/

 このメールニュースのバックナンバーはこちらです。「すべてのトピックス一覧」に含まれています。
240本以上のニュースが蓄積されています。
→ http://cell-medicine.com/topics/

内容の検索は、その画面右上の「ここから検索」欄からGoogle検索と同じ方法で可能です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
抗がん剤が効きにくい“スローな癌”こそワクチンで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大病院の先生方へ:

「混合診療禁止」政策により、保険診療機関である大病院では「自家がんワクチン療法」が実施できなくても、先生ご自身の患者様に対して、お近くの連携クリニックの外来にてごく簡単に、自由診療にて実施できます。

既に、大学教授で、この連携方式により、ご担当の患者様の自家がんワクチン療法受診を実現されている先生方も何人もおられます。具体的な方法は弊社まで直接お問い合わせください。

新たに「自家がんワクチン療法」を自院でも連携方式で開始したい病院の先生方は、どうか遠慮なく弊社にご連絡下さい。Web会議にて直接説明申し上げます。

大病院から小型診療所まで、どこでも簡単に実施可能です。しかも初期投資も不要です。

肝がんでは、すでにランダム化比較対照臨床試験で有効性が証明されているエビデンスレベルの高いがん免疫療法です。

★“自家がんワクチン療法”は「厚労省への届け出は不要です」★

自家がんワクチンは生きている細胞を含まないため培養不要で、 再生医療等安全性確保法でいう「細胞加工物」(人又は動物の細胞に培養その他の加工を施したもの)に該当しないためです。

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********

患者様向けには、「自家がんワクチン療法」のホームページをご案内下さい。わかりやすくやさしく記載してあります。
こちらです。⇒ http://cell-medicine.com/

弊社は、理化学研究所発ベンチャー企業 & 筑波大学発ベンチャー企業 です。

セルメディシン株式会社
〒305-0047 つくば市千現2-1-6-C-B-1
TEL:029-828-5591、FAX:029-828-5592
E-mail: tkb-lab@cell-medicine.com

**********△▲***▽▼********************△▲***▽▼***********